2015年02月10日

審美歯科で利用しているセラミックの種類と費用について

虫歯などの治療で使われることが多い歯科金属ですが、歯科金属が溶けてアレルギー症状や溶けた隙間に虫歯菌が侵入して虫歯の原因になってしまうことが問題になっています。

そのため、金属を使わない歯の治療が進められていますが、最先端の治療方法でもあるため、どこで受診していいのか分からない場合も多いようです。

そこで、インターネット上にある口コミを元に金属を使わない歯の治療ができる歯医者さんを探してみました。口コミでダントツで多かったのが審美歯科です。審美歯科では金属を極力使わない歯の治療方法で患者さんから好評を得ている歯科医院です。

金属を使った歯科治療の代表例は虫歯の治療の際にドリルなどで穴を開けますが、その穴を埋めるために利用される治療方法です。この場合、歯科金属と歯をメタルボンドで接着します。

しかし、歯科金属もメタルボンドも長年の日常生活で溶けてしまいます。溶けた場所は空洞になりますが、そこに虫歯菌が進入することで虫歯となります。

虫歯菌の除去については、歯磨きでも完全には無理なので、虫歯菌の餌になるものを歯磨きで綺麗に除去することになります。

しかし、歯と歯の間も含めて歯磨きだけでは落とせない部分も多いので、デンタルフロスにて葉と葉の隙間をメンテナンスしている方も増えています。しかし、歯科金属と歯との間にできた空洞については今のところ届く方法がありません。

審美歯科では問題となることが多い歯科金属の代わりにセラミックを利用した歯科治療を提案しています。審美歯科でのセラミックを使った歯の治療は保険適用外になることもあり、費用の面で避けられることもありますが、金属アレルギーの患者さんにはデメリットとなる費用を考慮しても治療で使いたいと考える方が多いようです。

セラミックの種類が増えていることもあり、費用の面でも利用しやすい材料となってきているセラミックは今後の歯科治療において有望な材料として考えられています。










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。