2015年02月10日

審美歯科で使用されるセラミックの種類と費用

審美歯科という歯科の種類があることは知っていますか。

審美歯科というのは、その名の通り歯の見た目についてのケアを専門的に行う歯科のことです。

今までの一般の歯科は、どちらかというと虫歯の治療や親知らずの抜歯など、歯の健康に直接かかわることについてのみ行っていたイメージがありますよね。そのために、歯の色や歯並びについての相談はしにかった、という人は多かったです。

しかし、この審美歯科は、そのような歯の悩み、つまり、歯の色や歯並び、歯茎の色などについて特化しており、克専門なので、今までの歯科に比べるとそのようなことの相談をしやすくなったといわれています。

さて、この審美歯科での治療にはよくセラミックという者が使われます。
これは、もともと陶器の材料として用いていたものを歯科のために改良されたものです。一般歯科でも、前歯の虫歯の治療の際には、銀歯のかわりにかぶせるものとして使用しています。色、質感、ともに本物の歯に近く、者によっても着色が可能になっています。

このセラミックの話をするときに欠かせないことが費用の話です。
セラミックというものにも種類がいくつかあり、そのものごとに特徴とメリットやデメリットが存在します。
例えば、ジルコニアというのは、腐食に強く、耐久性があるため奥歯にも使え、金属を使用せず、強度と透明性があるのが特徴です。

有名なオールセラミックという素材では、見た目が歯にちかく、また白色がとてもきれいですが、割れやすいことが問題になっています。二ケイ酸リチウムガラスというものは、透明度が非常に高いものの、そのため、元の歯の色も見えやすくなってしまうというデメリットが存在します。

さらに多くの種類があるのですが、そのために費用の幅も広くなってしまっています。

具体的な数字としては、歯一本分で安いものだと四万円から、高くなると十万や二十万円という価格になってしまいます。

費用に関しては歯科医に相談し、納得してから施術をしてもらうようにしましょう。

前歯をオールセラミックの差し歯にする値段や治療料金についてはこちらの記事が参考になります。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: