2015年02月10日

審美歯科で使うセラミックの種類とその費用

審美歯科をご存知ですか。審美歯科というのは一般の歯科とは違い、歯の見た目に特化した歯科です。

みなさんは歯科というとどちらかというと虫歯を治したり日常生活に支障のある歯の矯正などを想像しがちです。しかし、この審美歯科では、生活に支障はないけれど、きれいに整えたい歯、あるいは歯並びの治療を行うことができます。

病院の中でたとえるのならば整形外科のような立ち位置です。主に行っているのは、黄色く色のついてしまった歯を白くする、ホワイトニングという治療や、黒く見える歯茎の治療、そして犬歯や前歯などの歯並びの矯正です。

このときに多くつかわれるのがセラミックというものです。セラミックとは、もともと陶器の材料として使われていたものですが、近年歯科のために改良されたもので、一般歯科でも前歯の虫歯の治療のために銀歯の代わりにかぶせるものです。

全般的に色は白く、質感も歯に近いため、歯科には広くつかわれていますが、その種類はさまざまで、それによって費用も異なります。

例えば、そのセラミックの一つにジルコニアというものがあります。これは竹のようにしなるのが特徴で、そのため歯としての強度は高いとされている者です。透明度が高いため歯茎を明るく見せることができます。

金属アレルギーを起こすこともなく、奥歯でも使用することができます。しかし、セット後の除去が困難という問題があります。

二ケイ酸リチウムガラスを使ったものでは疲労体制に強いほか見た目が非常によく、変色や汚れが付着することも少なく、虫歯になりにくい、かつ透明度が高いというものになっています。

この種類は歯ぎしりが強かったりかみ合わせが強い方に向いているといわれていますが、色付けが難しく、元の歯の色を拾ってしまいやすいという難点もあります。

費用としてはさきほどあげたジルコニアで一本十万円から二十万円、ハイブリッドならば四万から十二万円となっています。

審美歯科の方でも治療の際には費用の話があるでしょうから、その説明をしっかり聞くようにしましょう。









審美歯科で利用しているセラミックの種類と費用について

虫歯などの治療で使われることが多い歯科金属ですが、歯科金属が溶けてアレルギー症状や溶けた隙間に虫歯菌が侵入して虫歯の原因になってしまうことが問題になっています。

そのため、金属を使わない歯の治療が進められていますが、最先端の治療方法でもあるため、どこで受診していいのか分からない場合も多いようです。

そこで、インターネット上にある口コミを元に金属を使わない歯の治療ができる歯医者さんを探してみました。口コミでダントツで多かったのが審美歯科です。審美歯科では金属を極力使わない歯の治療方法で患者さんから好評を得ている歯科医院です。

金属を使った歯科治療の代表例は虫歯の治療の際にドリルなどで穴を開けますが、その穴を埋めるために利用される治療方法です。この場合、歯科金属と歯をメタルボンドで接着します。

しかし、歯科金属もメタルボンドも長年の日常生活で溶けてしまいます。溶けた場所は空洞になりますが、そこに虫歯菌が進入することで虫歯となります。

虫歯菌の除去については、歯磨きでも完全には無理なので、虫歯菌の餌になるものを歯磨きで綺麗に除去することになります。

しかし、歯と歯の間も含めて歯磨きだけでは落とせない部分も多いので、デンタルフロスにて葉と葉の隙間をメンテナンスしている方も増えています。しかし、歯科金属と歯との間にできた空洞については今のところ届く方法がありません。

審美歯科では問題となることが多い歯科金属の代わりにセラミックを利用した歯科治療を提案しています。審美歯科でのセラミックを使った歯の治療は保険適用外になることもあり、費用の面で避けられることもありますが、金属アレルギーの患者さんにはデメリットとなる費用を考慮しても治療で使いたいと考える方が多いようです。

セラミックの種類が増えていることもあり、費用の面でも利用しやすい材料となってきているセラミックは今後の歯科治療において有望な材料として考えられています。